産前産後は胸の悩みが尽きません・・・。胸は帰る事ができる!

胸のお悩みドットコム

産前・産後

胸が小さいのは嫌!授乳中の胸(バストサイズ)をキープする簡単な方法!

投稿日:

妊娠して胸が大きくなって張ってきた!

なんとかこのままの大きさとハリをキープしたい・・・。

授乳を終えると胸はどんどん小さくしぼんでしまいます。

授乳中は乳腺が発達しているため胸が大きくハリもありますが、卒乳すると乳腺の働きが弱くなってしまうため、しぼんでしまうのです。

卒乳後に胸が小さくなった!?胸を大きくする簡単バストアップ術

妊娠・授乳期は特に楽な下着ばかりを選んでしまいがち。 卒乳したら、以前みたいに可愛い下着を購入したい。 そう思っていたのに、卒乳したら胸が下に垂れてしまったり、小さくなってしまう人も・・・。 卒乳した ...

続きを見る

キャサリン
同じ悩みを持っている女性は多いようね。

私が解決するわ。

こんな方におすすめの記事になっています

  • 授乳中の胸の大きさ、ハリをキープしたい
  • 授乳中に取り入れたいバストケア

産後に胸が小さくしぼんでしまう原因は授乳にあり?

産後は胸が小さくなってしまうのはなぜ?

と疑問を抱いたことはありませんか?

しかし産後に胸が小さくなるのには明確な理由があります。

産後に胸が小さくなる理由

  • 授乳による影響
  • 女性ホルモンの減少
  • クーパー靭帯が切れてしまう
  • サイズの合わないブラジャー、またはノーブラ
キャサリン
一つずつ説明していくわ。

授乳による影響

赤ちゃんが母乳を飲むときに乳首に吸い付くことによって引っ張られると胸の皮が伸びて、しぼんだようになってしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは軽いため簡単に抱えられますが、ある程度大きくなった赤ちゃんを支えながら授乳するのは、かなりの労力が必要になってきます。

そうなると、必然的に赤ちゃんの吸い付く位置が低くなり、乳首が下に引っ張られる状態になるので、胸が垂れる原因にも繋がります。

女性ホルモンの減少

妊娠や出産時にはプロラクチンやエストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。

これらの女性ホルモンは乳腺を発達させて母乳を分泌する働きがあるので胸が大きくなります。

しかし、卒乳後は母乳を作る必要が無くなる為、分泌量が減り乳腺が維持されなくなるため胸が小さくしぼんでしまいます。

クーパー靭帯が切れてしまう

引用:nanairo

クーパー靭帯が切れてしまうと胸が垂れてしまいます。

クーパー靭帯はコラーゲンで出来ており、とても刺激を受けやすいので、過剰に動かすと切れてしまいます。

もしクーパー靭帯が一度切れてしまうと二度と元には戻らないと言われているので、胸の命綱とも呼ばれています。

 

ホールド力の弱いブラ、またはノーブラ

ホールド力の弱いブラやノーブラは胸が垂れる原因にもなります。

カップ付きのキャミソールや、ノンワイヤーのブラなど胸を支える機能が無いブラで過ごすことも胸が垂れてしまいます。

また就寝時にノーブラで就寝する人も居ますが、絶対にノーブラは避けてくださいね。

こちらの記事も読まれています

 

胸が垂れてても大丈夫!卒乳後に簡単にバストアップする方法3選!

「卒乳をしたら胸が小さくなっちゃった・・・。」 「母乳をあげたら胸が垂れちゃった・・・」 女性の胸の悩みは消したくても消えませんよね。 娘が卒乳したのは嬉しいけど、バストサイズが前よりも2つぐらい落ち ...

続きを見る

授乳中の胸の大きさはキープできる?バストサイズをキープする4つの方法

産後に女性の胸が小さくなるのは、メカニズム上仕方のないことです。

しかし、バストサイズをキープするのは意外と簡単なので、やってみてください。

バストサイズをキープする方法

  1. バストマッサージ
  2. 睡眠をとる
  3. バストアップに効果的な食べ物を食べる
  4. 最適なブラをつける

バストマッサージをする

バストマッサージは温かいお湯に浸かっている最中や、お風呂上がりに胸をマッサージをするとバストアップ効果が高まると言われています。

なぜなら、身体が温まる事で血液やリンパなどが流れやすくなるからです。

具体的なバストマッサージ方法

  1. 中の肩甲骨のお肉から脇の下を通り胸のところに持っていく
    ポイントは力を強くかしながら、胸の辺りで弱めていくのがポイントです!
  2. 左手の親指で小胸筋を抑え、右手全体で大胸筋をさする
  3. デコルテの部分を人差し指、中指、薬指の3本で優しく力でマッサージする
  4. 二の腕のお肉を脇の下を通り胸に持っていく

睡眠をとる

授乳や赤ちゃんの夜泣きのために不規則な生活を送っているママは少なくありません。

ですが、胸をきれいに保つ女性ホルモンは夜の10時から深夜2時までにかけて分泌されるので、最低でもこの時間は睡眠をとる必要があります。

また、睡眠不足はホルモンバランスを崩す原因にもなりますので、胸を大きくしたいなら、夜の12時までには布団に入るようにしましょう。

バストアップに効果的な食べ物を食べる

バストアップに効果的な食べ物

  • 大豆製品
  • 乳製品やタンパク質
  • ポロンが含まれている食べ物

大豆製品には女性ホルモンであるエストロゲンと同じようなうな働きをするイソフラボンが含まれています。

エストロゲンは胸を大きくするのに必要なホルモンですので、それと同じような働きをするイソフラボンを摂取すれば胸が大きくなると言われています。

乳製品やタンパク質は胸を支える為に必要な筋肉を成長させるために摂取して欲しい食べ物です。

いくら大きくなっても筋肉が無ければ垂れ下がる一方。

筋肉がないとクーパー靭帯の損傷にも繋がってしまいます。

ポロンが含まれている食べ物にはキャベツや海藻類が挙げられます。

ポロンはエストロゲンの働きをサポートする役割がありますので、ポロンを摂取しないとエストロゲンも分泌されません。

最適なブラをつける

産後の胸をキープする方法をいくつかご紹介しましたが、一番効果的なのが、上記でも紹介した「最適なブラで胸を物理的に支えてあげる方法」です。

ホールド力のあるブラで胸をしっかり支え、日常生活で起こる胸の揺れを少なくすると、胸をキープさせるために重要なクーパー靭帯を切ってしまうこともありません。

自分のサイズに最適なブラを着用すれば、背中や脇に脂肪が逃げてしまったり、胸が垂れてしまうことを防ぐことができます。

また、日中は胸に負担がかからないように自分で意識することができますが、眠っている間は胸を守ることは難しいため、ナイトブラの使用は必要です。

ナイトブラを着用することで、寝ている間に重力で負担がかかりクーパー靭帯が切れてしまうことを防ぎます。

\おすすめのナイトブラはモテフィット/

モテフィットを見てみる

モテフィットの詳細はコチラ

 

まとめ

授乳中の胸のサイズをキープする方法について解説しました。

妊娠して胸が大きくなっても、メカニズム上、必ず小さくしぼんでしまいます。

小さくしわしわにならない為にも、日頃のケアが大事ですね。

 

-産前・産後
-, , , ,

Copyright© 胸のお悩みドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.